仕事を辞めたいと思ったらやるべきこと。解決法を教えます


こんにちは、メンタル心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「もう働きたくないなんてワガママ言えないけど、仕事を辞めたいです。

給料は低いし仕事のやりがいもありません。

毎朝の満員電車にもイラつくし、仕事もつまらなくてモヤモヤするし…

さっさと辞めてゆっくりしたいです。」

とお悩みではありませんか?


私は高校を卒業後、就職した会社をたった1年で辞めてしまった経験があります。

人間関係の悩み+仕事の興味が持てないというネガティブな理由です。


辞めてから5年以上経った今でも「仕事を辞めたい」と悩んでいた時の気持ちは悪夢となって表れます。


とにかく仕事がつまらなくて「会社に行きたくない」と毎日思っていました。


ただ当時の私は

「学校を卒業したら就職する。就職したら3年は続けないと負け組になる」

と思っていたので、不満があっても仕事を辞められない…という負のサイクルに陥っていました。


当時の私と同じように「今の仕事を辞めたいけど、どうしたらいいか分からない」という悩みを抱えている人は多いと思います。


そんな方に向けて解決法をご紹介していきたいと思います。

>> 本記事の内容

  • 仕事内容に興味が持てるかどうか

  • 妥協すると悩みはエンドレスに続く

  • あなたが動かないと何も変わらない

  • 仕事を辞めてからやるべきこと


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

仕事内容に興味が持てるかどうか

今の会社で働くと決めたのはあなた自身です。


それなのに「仕事を辞めたい…」と思うということは、仕事選びの時点でズレが生じていたということなんですね。


例えば私の場合は

「中小企業だったら、大企業に比べて知名度も高くないし入りやすいだろうな」

「大手とつながりがあるから、待遇も悪くないし収入も安定してるだろうな」

と考えて、会社に入りました。


ですが待遇や給料ばかりに目を向けずに

「仕事内容に興味を持てるか?」

という視点で仕事選びを考えるべきだったと思っています。


「好きなことを仕事にできる人なんてほとんどいないんだから、妥協しなくちゃダメだよ」

と言われることもありました。


ですが、素直に妥協してやりたくもない仕事についても続きません。


今は「お金のため」と割り切って働けても、そのうち

「私はあと何年、こんなつまらない仕事を続けるんだろう…」

と悩む時期が早かれ遅かれやってきますよ。


当時の私もそうでした。

妥協すると悩みはエンドレスに続く

転職や再就職を考えてるのであれば、

「妥協せずに、自分のやりたい仕事や興味のある仕事を探す」

ことが一番大事だと思います。


やりたい仕事が見つかるまで就職なんてしなくて良いです。

フリーターや専業主婦という肩書きになりますが、気にしなくて大丈夫です。


確かに再就職を伸ばしたり、転職しない期間が長くなれば、履歴書も汚れてしまいます。


「周りの友人はみんな正社員で働いてるのに、私だけのんきに『自分探し』なんてしてていいのかな…」

「フリーターの時期がこんなに長くなると、もう正社員として雇ってもらえないかも…」

と焦りを感じることもあると思います。


そしてどこかで妥協していざ正社員になったら、

「はぁ。あと何年こんなつまらない仕事を続けるんだろう…」

と悩みが出てきて、また振り出しに戻るのです。


中途半端なことをするくらいなら、妥協して新しい仕事を探すのではなく、自分に合った会社を選んで楽しく働いた方が良いと思いませんか?


「好きなことで食べていけると思うな」

「世の中に楽しい仕事なんてないよ。仕事は我慢の連続だよ」

などという意見に振り回されると、いつまでも満足のいく仕事につけません。

あなたが動かないと何も変わらない

どんなに最初の仕事選びで会社を分析して興味のある仕事についたとしても、「こんなはずじゃなかったのにな」と感じることは起こり得ます。


本気で今の仕事を辞めたいと思ったら、その時点で次の選択肢を探すべきですよ。

①どうして今の仕事を辞めたいのか?

②自分はどんな仕事をやりたいのか?

③どんな条件だったら楽しく続けられるのか?

この3点を今一度考え直してみましょう。


さらにその後、

①未経験でも入れそうな会社はあるのか?

②バイトにするのか、中途入社にするのか?

③転職や再就職をするまでの貯金は十分にあるのか?

④失業保険は出るのか?

⑤何月までに今の会社を辞めるのか?

といったことを具体的に決めて行動するべきです。


ストレスが爆発したり、うつ状態になって何もかも手につかなくなる前に、必ず具体的な計画を立てておきましょう。


今の会社への不満を抑えても、いつかどこかで飛び出してきますよ。


仕事に関しては誰も助けてくれませんから、最終的に決断を下して行動するのはあなたしかいません。


あなたが動かないと何も変わらないということです。

自分から辞めますと言わないと、いつまでたっても仕事が降ってきますよ。

仕事を辞めてからやるべきこと

いざ仕事を辞めるといっても、その後どのような選択肢があるのかが分からないと不安になりますよね。


会社を辞めて転職や再就職をする人の選択肢は以下の3つのものがあります。

①転職エージェントを使って転職活動をする

②バイトや派遣社員をしながら自分の方向性を探す

③独立してフリーランスになる


それでは順番に見ていきましょう。

転職エージェントを使って転職活動をする

最もシンプルですが王道なのが、転職活動をして別の会社に就職するという方法ですね。


一昔前は

「すぐ辞めるなんて根性がないね。そんな人はいらない」

と門前払いされることもありました。


ですが最近では、短期で仕事を辞めて職を変えるということもだいぶ許される社会になりつつあります。


企業の色に染まっていない人材で新卒以外の採用となると、中途採用の需要も大きくなるんですね。


20~30代の人材は積極的に中途採用が行われているのが現状です。

本当に高齢化が進んでいると感じます。


とはいっても、転職活動を1人で行うとなると負担が大きいですので、無料で利用できる転職エージェントを使って、部分的にサポートしてもらうことをオススメします。


転職エージェントとは、

  • 履歴書の作成

  • 面接の対策

  • あなたに合う求人を探してくれる

という仲介サービスです。


現在仕事をしている方でも登録できますので、うまく活用して転職活動を行いましょう。


転職エージェントは、

あたりを使えば良いでしょう。


3社も4社も登録してしまうと対応が追いつかずに逆に効率が悪くなるので、注意してくださいね。

バイトや派遣社員をしながら自分の方向性を探す

正社員を辞めて、バイトや派遣社員として働いてみるのも一つの方法です。


もし現在、正社員としての働き方に疑問を持っている場合。


急いで正社員として転職するよりも、一旦自分を見つめ直す時間を作った方が、長いスパンで見た時に自分のためになりますよ。


ですが、やはり年齢は就職するにあたってネックになってくる部分ですので、どこかで自分なりの方向性を見つける必要はあります。


派遣社員であれば残業もなく定時で帰れて、正社員のような束縛感がないのが最大のメリットです。


仕事内容も事務や受付など、負担の少ないものが多いので家事や育児と両立しながらでも気楽に働けますからね。


派遣の仕事を探すなら、大手のマイナビで求人を探してみてください。

》マイナビAGENT

独立してフリーランスになる

これは私のパターンですね。


難しく考える必要はなくて、例えば

  • ハンドメイド商品をメルカリで売る

  • Webライターとして稼ぐ

というやり方もあります。

まとめ

仕事を辞めたいけど辞められないと悩む人は、リスクを恐れすぎです。

正社員を辞めてもダメな人間ではありません。


変化を恐れて自分の気持ちを無視する方がよっぽど恐ろしいことですよ。


どこかで環境を変えて人生を変えなければならない時がきます。

失敗のない転職なんてありません。


私もフリーランスとしてカウンセラーになった時は、全然稼げませんでしたし、うまくいくか分からなかったので不安もありました。


それでも自分を信じて行動をしてきたから、今は満足のいく仕事ができています。


自分の欲しいものを手に入れるためには、リスクを取って挑戦しなければなりませんよ。

まずは自分の人生をよりよくするために、一歩踏み出しましょう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です