働きたくないなら、一旦ニートになりましょう【理由と手段を教えます】


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「働きたくありません。

現在付き合っている彼はいますが、結婚はしていません。

人と話すのは好きですし、仕事場での人間関係もうまくやれる方です。

社会に出るまでは、結婚してからも仕事を続けたいと思っていたのに、今はとにかく働きたくないのです。

どうすれば働きたくなるのか教えてください。」

とお悩みではありませんか?


>> 本記事の内容

  • 働きたくないなら、一旦ニートになるべき

  • ニートをしながら「働きたくない理由」を考える

  • 「仕事と思わない手段」で収入を得る


この記事を書いている私は、過去にニートだった時期があります。


合計ニート期間は1年くらいです。

(ニート歴1年なんてすごくありませんが…)


本記事は、ニートになりたい方向けに書いていきます。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

働きたくないなら、一旦ニートになるべき

いきなり結論ですが、まずはニートになってみましょう。

貯金40万→南の島で3ヶ月ニートできる

貯金が40万円くらいあれば、3ヶ月は南の島でニートができます。


過去に私はフィジーに語学留学に行っていたことがありますが、生活費は月5万円ほどです。


フィジーにはせかせかと時間に追われながら働く人が少ないので、そういった方と過ごすことで、居心地の良さを感じられるのではないかと思います。

まずはニート友達を作ることから始める

働きたくないのであれば、まずは自分と同じようにニートの友達を作ることが大切です。


いざニートになっても暇でつまらなかったりします。


毎日の仕事で疲れ果てているのであれば、「働いていない人を否定しないコミュニティ」に行くと良いですよ。


人生って長いので、1年や2年くらいニートでも問題ありません。

ニートをしながら「働きたくない理由」を考える

一旦ニートになると心が休まるはずです。

まずはリラックスさせましょう。

1ヶ月も休めば、完全にリラックスしたモードになると思いますので、その時にゆっくり考えていけばOKです。

考えること:なぜ働きたくないのか?

例えば私の場合は、働きたくない理由は以下のとおりでした。

  • 無駄な仕事にストレスを感じる

  • 無駄な付き合い(飲み会など)にストレスを感じる

私は「働きたくない」というより、「無駄なことをしたくない」という気持ちがありました。


現在は自分の興味のある心理学の知識を使って、カウンセラーとして仕事をしていますが、今の仕事は私にとってストレスフリーです。


ニート生活をしながらゆっくりと自分と向き合ってみる時間を作ることをオススメします。


日々がむしゃらに働いて、ヘトヘトに疲れていると、ゆっくり考えるってこと自体ができなくなってしまいますからね…

「仕事と思わない手段」で収入を得る

視野が狭くなっている

働く手段なんて無限にあります。

正社員やアルバイトに固執する必要なんてないのです。


「私は契約社員だからダメ」

「アルバイトに将来性はないから…」

など、結果として「正社員じゃない自分がダメ」という考えになってしまいます。


でも、これは視野が狭すぎで、収入を得る手段なんていくらでもあります。

収入を得る選択肢を考えてみる

実際に私の友人や知人で、結婚や出産を機に今までの仕事を辞めて、新たな手段で収入を得ている例です。

  • 家事代行をして稼ぐ

  • 在宅ワークで稼ぐ

  • 治験ボランティアで稼ぐ


こんな感じでいろいろと選択肢はあります。

自分がストレスと感じない方法を探せば良いだけですよ。


繰り返しになりますが、私は「無駄なことはしたくない」という考えがあったので、自宅勤務や時短勤務ができて、時間や場所に制限なく働ける仕事で収入を得る道を選びました。


>> 家事代行をして稼ぐ

家事は普段から家でやっていることなので、自然とノウハウも身についています。


家事代行サービスの公式サイトを見るとスタッフを募集していることが多く、高時給で働けたりします。


わざわざ新しいことを勉強する必要もなく、自分の「当たり前」をそのまま行うだけで、他の家庭では大いに喜ばれることも多いです。


子供が通園・通学中の空いた時間に何かやりたいという感じなら、家事代行をして稼ぐのもありなんじゃないかと思います。

》あなたの「得意」や「当たり前」が活かせる!主婦やWワーカーにおすすめ【タスカジ】

>> 在宅ワークで稼ぐ

「まだ子供が小さくて家を空けられないけど、収入もほしい。」

「前職のスキルがあるけど、近所のスーパーでのパートしか働き口がない。」

という場合は、在宅ワークという働き方もありだと思います。


実際に、仕事と子育ての両立が大変で仕事を辞めたけど、自分のお小遣いが欲しくて在宅ワークをするというママさんはよく見かけます。


ストレスフリーという面ではいいのではないでしょうか。

》在宅・時短のお仕事はママワークス

>> 治験ボランティアで稼ぐ

これは人によって意見が分かれると思いますが…

家庭の事情ですぐにお金が必要な場合は、やってみてもいいのではないでしょうか。

働きたくないというのは普通のこと

過去の私は嫌な仕事からずっと逃げてきました。


逃げつつも、なるべく自分の興味のある分野でストレスを感じない仕事を選んできました。


このような生活をしていたら、私の周りには価値観の似ている友人が増えてきました。


これが大切なことだと思っていて、嫌なことから逃げながらもそれを肯定してくれるコミュニティと過ごす時間を増やすべきです。

さいごに

まとめると

①働きたくないなら、一旦ニートになるべき

②ニートになるとリラックスできるので、自分と向き合える

③ゆっくり休んだら、「なんで働きたくないのか」を考える

④働きたくない理由が分かったら、ストレスの少ない方法で稼ぐ

⑤働きたくないという感情を肯定してくれる人と過ごすべき


仕事に疲れているなら、まずはニートになってゆっくりと休む時間を確保することです。


でも貯金0円は良くないので、最低でも50万円くらいは貯めておきましょう。

その50万円が貯まったら、南の島でゆっくりすればOKです。


>> 家事代行をして稼ぎたい方向け



>> 在宅ワークで稼ぎたい方向け




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です