フリーランスを目指す大学生がやるべき5つのこと【経験から語る】


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「もう少ししたら就活が本格化するけど、フリーランスを目指したいなと思っています。

会社で働くよりもフリーランスの方がカッコいいし楽しそうです。

でも今の自分には何のスキルもないし…何から始めたらいいか分かりません。」

とお悩みではありませんか?


>> 本記事の内容

  • 就活前のノースキル大学生がやるべきこと

  • フリーランスを目指す大学生がやるべきこと

  • まずは逃げて、仲間を見つけることが大切


この記事を書いている私はフリーランスの心理カウンセラーです。


主にメールカウンセリングによる個別相談や、有料ブログにてメンタル術を発信しながら、生計を立てています。


ちなみに私は1度社会人になってから大学に入っていますが、学生時代はフリーランスはしていませんでした。


ですが当時から個人でお金を稼いでいたので、フリーランスと言えばフリーランスでした。


高校を卒業して、就職して、大学卒業して、現在フリーランス。


このようなことを書くとすごい人に見えるかもしれませんが、学生時代は至って普通。


途中で自分が将来どうしたいのか?何をしたいのか?が分からなくなって、ずっと悩んでいました。


「普通に就職してもいいけど、なんかそれもやりたくない。

かと言って自分一人で稼いでいく自信もない…」

こんな気持ちを抱えながらもがいていたら、現在は独り立ちできるようになりました。


このような経験から分かったことをシェアします。

⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

就活前のノースキル大学生がやるべきこと

この記事を読んでいるあなたは、来年から就活を控えた大学生のはず。


>> まず最初にやるべきこと

休学して時間稼ぎをする。

大学生は考える時間がない

日本の大学の問題として、”考える時間がない”という点があります。

  • 大学1年目:新しい出会い、サークル、バイトに明け暮れる

  • 大学2年目:生活に慣れてきて、ダラダラと時間を過ごす

  • 大学3年目:就活が始まる…。でも将来の夢は分からない

私も今だに将来の夢とか分からないです。


でも色々と回り道をしているうちに、今の環境にたどり着きました。


今の生活には割と満足していますが、学生時代からこのような人生プランを描くことは無理ですよね。


なので、まずはフラフラしながら人生について考える時間を持つことが大切です。

休学しても就活は不利にならない

2020年現在だと新型コロナウイルスの影響もあり、20代の61%が3ヶ月以内の転職希望をしていることをご存知でしょうか?


》参考:【20代意識調査】3ヵ月以内の転職希望者が61.0%。|PR TIMES


このように世の中は常に動いており、現代において「休学した学生、つまり1年遅れている学生を評価しない会社」は珍しい方なのかもしれません。

とは言っても、ここまで読んで「それでも不安だなぁ」と思う人も多いはず。


ご安心ください。


私の周りだと、休学して就活で不利になった学生は聞いたことありません。


今のところ100%の確率で問題は起きていない状況で、むしろ就活で有利になった経験談の方が多いです。


最初は誰でも不安ですが、動き出しちゃえば何とかなります。

フリーランスを目指す大学生がやるべきこと

簡潔にまとめようと思ったのですが、少し長くなってしまいました。


具体的には以下の5つです。

  • ①フリーランスに会うこと

  • ②スキルを身につけること

  • ③自分の力でお金を稼ぐこと

  • ④尊敬する人が読んでいる本を読むこと

  • ⑤とにかく行動して失敗すること

順番に解説していきます。


私の経験上でどれも大切なので、3分だけ読んでいただけたらと思います^^

①フリーランスに会うこと

フリーランスとして働きたいと思うなら、結論、フリーランスに会うべきです。


多くの人がフリーランスになれない理由、それは”フリーランスという生き方”を知らないからです。


”フリーランス=職人”みたいなイメージを持つかもしれませんが実はそんなことはありません。


フリーランスとは、”サラリーマンと経営者の中間みたいな働き方”です。


「経営者のようなビジョンはないけど、人に指示されず自由に働きたい」という人に向いています。


私は社会人になってから大学に入ったので、学生時代は社会人とのつながりが多かったです。


周りにいた社会人はみなさん副業をしていて、下手したら本業よりも副業の方が稼げていました。


当時はそのような不思議な状況を横目にしながら、「私も将来はこうなりたいな」と思っていました。


>> フリーランスの人と出会うにはどうしたらいいか?

まずはコミュニティを抜け出してみることが大切です。


休学すれば自動的にコミュニティから外れますよね。


なので基本的には大丈夫かなと。


今いるコミュニティを抜け出したら、新しい人との出会いがある環境に行ってみましょう。


オンライン講座で心理学を勉強してもいいし、何か資格を取ってみるのもいいし、インターンしてもいいし。


まずは1ミリでも興味が湧いたら順番にトライしていけばOK☆


近道はないので、行動あるのみです。


この辺りはスキルアップにも絡む話です。


次の項目で、スキルアップしつつ新しいコミュニティを広げる方法をお話しします。

②スキルを身につけること

フリーランスとは、「自分のスキルを換金して生活する人」です。


>> どのようなスキルを身につけるのか?

現代においては、オンラインで完結するスキルを身につけることは必須かなと思います。


個人的には心理学やカウンセリングについて学ぶのがおすすめですが、人によってはライティングが好きな人もいるかもしれません。


結論は、少しでも気になるなら全部試しましょう。


  • 心理学やカウンセリングを学ぶなら、ヒューマンアカデミーがおすすめ。指導部からの添削がしっかりしてるので、初心者に向いてると思います。

  • ライティングに興味があるなら、クラウディア がおすすめ。こちらのプラットフォームを使えば仕事が受注できますので。

  • 自分の市場価値が分からないなら、ミイダス で自己分析をしましょう。企業と直接連絡が取れます。

  • カウンセラーに興味があるなら、Smart資格で資格を取りましょう。気になったらLINE@に友だち登録して、自分に合った資格の診断をするべき。

  • 心理学系のインターンに興味があるなら、Wantedlyで探しましょう。新しい仲間との出会いが期待できると思います。

とりあえず5つの選択肢がありまして、興味あるものから動いてみましょう。

動かない限り、見える景色は一生変わりません。

③自分の力でお金を稼ぐこと

スキルを身につけつつ、そのスキルを換金してみましょう。

  • 心理学やカウンセリング技法を学びつつ、実際に仕事をこなしてみる

  • ライティングスキルを磨きつつ、ライターとして記事を書いて稼いでみる

  • インターンをしつつ、会社に1円でも利益を出してみる

  • 会社で働きつつ、自分でも実際にスキルを売ってみる

こんな感じです。


>> 「お金を稼ぐ方法なんて分からないよ…」という不安に対する答え

それは当たり前で、経験がないからです。


でもご安心ください。


スキルを学びつつ、そこで出会った人に稼ぎ方を聞いてみればOKです^^


正直なところ、多くの人は「稼ぎ方が分からない」と答えると思います。


でも少数の人は稼ぎ方を知っている場合もあるので、そのような人を探しましょう。


また、無料で学べるお金の教養講座「フィアナンシャルアカデミー」もおすすめです。


お金とは何か?を無料で学べるので、受けてみるのもありかなと思います。


》ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

④尊敬する人が読んでいる本を読むこと

私は普段から読書をするようにしているのですが、読書スタンスはシンプルです。


>> 私の読書スタンス

おすすめされた本は読むこと。


中でも、尊敬している人からのおすすめは絶対に読むべきです。


人の思考は本でいる本に依存していたりするので、本を通して多様な視点を学ぶのは大切です。


>> 個人的におすすすめな3冊

  • 人を動かす:人付き合いがうまくなるための入門書。人間関係でストレスを溜めがちな人におすすめです。

  • Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法:思い込みや考え方の癖が、いかに人生の幸福度に左右するかが分かる本。

  • 金持ち父さん 貧乏父さん:お金に関する基本的なことが分かる本。将来に不安を抱える人は読んでおきましょう。

本のお金を節約するのは人生の無駄遣いです。


本ほどコスパの良い買い物はないですので、どんどん読むのがおすすめ☆

⑤とにかく行動して失敗すること

失敗できる人は強いです。


>> 私が社会人になって分かったこと

失敗できる社会人はごくわずか。


失敗してもやり直せばいいのですが、多くの人はそれを極度に恐れます。


なので学生のうちに”失敗の免疫”を作るべきです。


そうすれば、社会人になっても積極的な失敗(=挑戦すること)ができるようになります。


>> 失敗できる人が強い理由

挑戦した回数×90%=失敗した回数


失敗している人は、挑戦できる人です。


日本は失敗を嫌がる文化ですが、どう考えても失敗している人は強いです。

まずは逃げて、仲間を見つけることが大切

医学部受験失敗&語学留学を決意した時の苦い思い出

私はフィジーへの語学留学を決意しました。


それと同時に、医学部を目指すことを諦めると決意しました。


そして両親や周りの友達にそのことを話しました。


>> 両親からの反応

「語学留学なんて逃げてるだけ。大学に行かなくて、この先どうするの。」


>> 友達からの反応

「留学するとか本当に大丈夫なの?就職とか大学進学とか、どうするの?」


当時はしっかりとした理由もなく、「なんとなくこのまま就活したくない」というのが本音でした。


当時の私は「とりあえず自分で決めたことだから…」としか言えませんでした。


とても大きな不安を抱えつつ、1人でフィジーに飛び立った思い出があります。

答え合わせは3年後

その3年後に私は、心理学専攻で4年制の大学に入学することを決意しました。


そして両親や周りの友達にそのことを話しました。


>> 両親からの反応

「そうなんだ、頑張ってね。」


>> 友達からの反応

「そうなんだね。応援してるよ!」

そしてさらに4年後

大学を無事に卒業し、フリーランスの心理カウンセラーとして活動を始めました。


今では心理学の知識を用いて生計を立てています。


この状況がいつまで続くかは分かりませんが、今までの決断は間違っていなかったと本気で思えます。


>> 最強=宣言できる人

「私はフリーランスとして働きます。就職はしません。」


宣言することで実現に近づくのは本当です。


抽象的な話ですが、「宣言するとその未来をイメージしやすくなり、結果に繋がりやすくなる」ということが起こります。

まずは動くこと

何事においても、まずは動かないと意味なし!


休学届けを出しつつ、1ミリでも興味のあることにトライしてみましょう♪


  • 心理学やカウンセリングを学ぶなら、ヒューマンアカデミーがおすすめ。指導部からの添削がしっかりしてるので、初心者に向いてると思います。

  • ライティングに興味があるなら、クラウディア がおすすめ。こちらのプラットフォームを使えば仕事が受注できますので。

  • 自分の市場価値が分からないなら、ミイダス で自己分析をしましょう。企業と直接連絡が取れます。

  • カウンセラーに興味があるなら、Smart資格で資格を取りましょう。気になったらLINE@に友だち登録して、自分に合った資格の診断をするべき。

  • 心理学系のインターンに興味があるなら、Wantedlyで探しましょう。新しい仲間との出会いが期待できると思います。

まずは動くことです。

このページを閉じたら、次の行動に移りましょう^^



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です