【SNS】嫌がらせを受けた時の考え方+そこから得られるもの


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


こんな記事を読みました。


私はインスタをやっていますが、たまに批判コメントや長文の愚痴のDMが送られてくることがあります。


最近はあまり気にしていませんが、嫌がらせや誹謗中傷に対する考え方について気になる人もいると思いますので、この記事でお話していきます。


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

SNSで嫌がらせされた場合の考え方

物理的なダメージはゼロ

精神的なダメージはありますが、だんだん慣れます^^


過去に経験した人生のどん底と比べたら圧倒的に小さなダメージです。


完全にスルーできれば楽ですが、嫌がらせを受けたり誹謗中傷されると心がモヤモヤします。


弱い部分を突いてきたり、揚げ足を取ってきたり、褒めてるようで嫌味を言ってきたり。


嫌がらせってそういうケースが多いです。


ですが、ここにも解決策があります☆


それは「目標を高く持つこと」です。

あなたの尊敬する人は、誰かの誹謗中傷をしているでしょうか?

あなたの憧れの人は、誰かの揚げ足取りをしているでしょうか?

それはないと思いますし、多くの場合、嫌がらせをする側は嫌がらせをされる側よりも能力が低いです。


他人は変えられないという言葉の通り、他人は変えられず、変えられるのは常に自分だけです☆


結局は、

「今の自分に何ができるのか?」

「これから自分はどうすべきなのか?」

を考えることが大切です。


嫌がらせを受けると心がモヤモヤしますが、私の解決策は、気にせず目標に向かって走り続けることです^^



関連記事: 【重要】人生の目標の見つけ方。見つからない理由と3つの解決策

嫌がらせから得られるもの

他者理解に繋がる

インスタはTwitterほどの拡散機能はありませんが、フォロワーが1万人を超えると批判が届きます。

なお、過去の私はある投稿で100万リーチを超えた時、すごい量の批判コメントが届きました。

そしてだいたい批判してくる人は「投稿文章をしっかり読んでいない」です。


読んでいるのかも知れませんが、色眼鏡を通して読んでいるようです。


自分が解釈したいように勝手に解釈していて、結果として論点のズレたコメントが来ます。


ですが、残念なことに世の中にはこのような人はたくさんいて、本人は気づいていないことが多いようです。


「いろんな人がいるな」と受け止めることができるため、私はこれを他者理解に活かしています^^

応援してくれる人が増える

リーチ数が50万回を超えると、批判が増える印象があります。

現在フォロワー6.4万人の私ですが、フォロワー2~3万人くらいの時が1番批判がひどかったです。

今でもたまに嫌がらせのようなDMが届きますが、フォロワー6万人までの道のりでメンタルが鍛えられるので、何も気にならなくなります☆


嫌がらせは確率論です。


そう考えると、応援コメントも確率論ということになります。


嫌がらせが増えるより早い勢いで応援してくれる人が増えます^^

  • 応援者:フォロワーの2割

  • 嫌がらせ:フォロワーの1割

  • どちらでもない:フォロワーの7割

かなりざっくりですが、このような感じです。


ですが、実際にはそれほど嫌がらせは多くないです。


フォロワー1万人を超えても批判はそこまでありません。


もし今これを読んでいるあなたの投稿のリーチ数が50万回に近づいているなら、数件の嫌がらせコメントが届くかもしれません。


ですが、多くの人はそういった経験はしないはずです。


関連記事: Instagramフォロワー1000人を達成する方法【インスタ運用初心者向け】

関連記事:【人生が変わる】SNS発信で仕事獲得する本質とは【真剣になるべき】

解決策はその場で考える

トラブルや失敗を事前に予測するのは不可能に近いので、うまくいかないことが起きたら、その都度、その場で解決策を考えます☆


多くの問題は1年経つと笑い話になります^^


失敗を何度も繰り返すとメンタルが鍛えられて、だんだんと慣れてきて耐えられるようになります。

メンタルが強くなると失敗を恐れずに行動できるようになるため、チャンスも掴みやすくなります。

自分のことを嫌う人のために使う時間ほどもったいないものはありません。


悪意を感じるような言葉はスルーして、常に「今の自分にできることは何か?」を考えましょう♪


最後におすすめの記事をまとめておきます★



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です