嫌な仕事を無理に続ける必要はない。幸せに生きるために逃げるのもアリ


こんばんは、心理カウンセラーのみほ(@mindow.jp)です。

いつもお読みいただきありがとうございます♪


「仕事が嫌で辞めたいです。

いつも忙しくやりがいとかやる気がなくなってしまいました。

どんなに頑張ってもこの仕事は合っていなくて、このまま続ければ自分が壊れていきそうな感じがします。

どうしたらいいかアドバイスをください。」

とお悩みではありませんか?


私は過去に販売の仕事をしていましたが、たった1年で辞めてしまった経験があります。

(しかも、人間関係の悩み+仕事に興味が持てないというネガティブな理由)


辞めてから5年以上経った今でも「仕事辞めたい」と悩んでいた時の気持ちは悪夢となってよみがえってきます。


当時はそれくらい苦しかったですね…


当時はとにかく仕事が嫌で「会社を辞めたい」と毎日思っていました。


ただ、当時の私は

「学校を卒業したら就職する。就職したら最低3年は勤めないと負け組になる」

という考えがあったので、不満があって会社を辞めたいのに辞められない…という負のサイクルにハマっていました。


結局、最後は逃げるように辞めてしまいましたが、あれから5年以上経って、フリーランスの心理カウンセラーとして独り立ちができました。


今になって振り返ると、当時の私は「なんて視野が狭く臆病だったんだろう」と思います。


当時の私と同じように「会社を辞めたいけど、どうしたらいいか分からない」という悩みを抱えている人は多いと思います。


そこで

「もし今の私が知識そのままで、当時にタイムスリップしたら、どう行動するか?」

という視点で、会社を辞めたい人への立ち回り方を紹介していきます。


>> 本記事の内容

  • 嫌な仕事から逃げましょう

  • 嫌な仕事から逃げる前にしてほしいこと


⬇︎もくじ[開く]を押すと、好きなところから読み始められます♪

嫌な仕事から逃げましょう

我慢するからうまくいかなくなる

人生の大半は仕事です。

月曜~金曜まで働き、土日なんて秒速ですぎていきます。


嫌な仕事で心を消耗していたら、人生の楽しみが半減してしまうのです。


過去の私も勘違いしていたのですが、嫌な仕事から逃げたらずっと逃げ続ける人生になって、人生の負け組になると思っていました。


ですが事実は違います。

なんだかんだで普通に生きているというのが事実です。

大切なこと:選択肢はたくさんある

世の中にはいろいろな選択肢があります。

例えば、フルタイム勤務、時短勤務、パートタイム、在宅ワーク、専業主婦など。


もっと言えば、販売サイトで物を売ってみたり、家事代行サービスで隙間時間に働いたり…


無限にあります。

なので目の前の仕事から逃げても大丈夫です。


「仕事から逃げられない人は、自信がない」


これは過去の私ですが、仕事環境が合わず精神的に弱っていました。

しかし逃げられませんでした。


その理由は

「自分には特別なスキルがないから、今の仕事しかできない」

と諦めていたからです。


でも断言します。

新しいスキルは3ヶ月あれば身につきます。


きっとあなたも「本当は〇〇の仕事が気になるな…」と思っていると思います。


私は

「カウンセラーになりたいなぁ。

でも私はバカだから無理だろうな…」

と思っていました。


ですがこれは勘違いです。

新しいスキルを3ヶ月で身につける方法

繰り返しになりますが、嫌な仕事からは逃げましょう。

逃げても選択肢は多いです。


そして新しいスキルを身につけて、少しずつ人生を幸せにしていきましょう。


新しいスキルの身につけ方は、「独学→環境に飛び込む」です。


心理学の知識を身につけたいなら

「まずは独学→その後に、待遇がちょっと悪くてもいいから、学べる環境に身を置く」

です。


この方法で1年くらい頑張れば貯金を削らずにも、新しい挑戦ができますよ。


職場で合わない人がいる場合も同様です。


価値観の合わない人と100%分かりあうのは難しいので、別の世界で生きる方が良いです。


また、仕事を我慢するには人生が長すぎるという点も挙げられます。

嫌な仕事をあと40年以上も続けることができますか?

嫌な仕事から逃げる前にしてほしいこと

以下の3つです。

①現在の体調はどうか?

②今後何がしたいのか?

③友達はいるか?

①現在の体調はどうか?

これは最も重要なポイントです。

現在の体調によって仕事を辞める時期を決めましょう。


レベル1:たまに体調を崩す→半年後に辞める

レベル2:頭痛や胃痛がある→来月辞める

レベル3:精神的な不調が目立つ→今月辞める

体調不良があるのは良くありません。


私は我慢しすぎてうつ病を発症しましたが、私のように心を病むと回復に時間がかかります。


この記事を読んでいるあなたも、最優先は体調です。

仕事を辞めてまずは心を落ち着かせましょう。


たまに体調を崩すくらいで基本的に元気だという人は、「働きながら次のステップの行動を開始する」という方法がオススメです。

②今後何がしたいのか?

突然会社を辞めてもずっとニートは良くないので、今後何がしたいのかを考える必要があります。


考えるべきことは「楽しい生き方の模索」です。


私の場合は

「販売の仕事が辛い→もともと好きだった心理学の勉強を本格的に始める→心理カウンセラーとして活動」

という流れでした。


これを読んでいるあなたも「〇〇の仕事は楽しそうだなぁ」と思うことがあるはずです。


そしたら直球で挑戦するだけですよ。

まずは3ヶ月くらい独学をして基礎知識を身につけましょう。


なお、私は独学時代は通信講座を利用して独学をしました。

たのまな心理講座

③友達はいるか?

会社を辞めて一緒にランチに行く友人は近くにいますか?

もしあまりいないのであれば、今のうちから交友関係を増やしましょう。


というのも、会社の役割の1つは「社会とのつながりを保つ」ことであり、会社を辞めて孤独になってしまったらそれも苦痛だからです。


私は過去に仕事がうまくいかず、家に引きこもっていました。


当時は気軽にランチに行ける友達もいなかったので、本当にキツかったですしかなり孤独でした。


なので、趣味のつながりでもいいので交友関係は増やしましょう。

勇気を出して行動に移そう

嫌な仕事を辞めることも立派な行動の一つです。

過去の私は「仕事から逃げる=行動」という言葉を見て心が救われました。


なのでこの記事を読んでいるあなたも、しんどいなら逃げてもいいと思います。

苦痛に耐え続けるには長すぎる人生です。


スキルは努力すれば身につきます。


逃げても全く問題ないので、ぜひ逃げて楽しい生き方を模索してください。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ”></a>



<a href=

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です